魅力的な目元を演出できるコスメ|アイシャドウの基礎知識をリサーチ

魅力的な目を演出しよう

基本的な塗り方を知ろう

化粧品

アイシャドウは目をパッチリと大きく魅力的に見せたり、陰影をつけて立体的に演出したり、アイシャドウのカラーによって雰囲気を変えたり様々な効果をもつコスメです。もし今までにアイシャドウを使っていなかったり、使っていても上手に使いこなせていないならアイシャドウの塗り方をきちんと学ぶいいチャンスです。アイシャドウは塗り方と塗る場所を抑えればびっくりするほど上手に塗ることができ、いつもと違う自分になることができます。コスメの主役ともいえるアイシャドウを味方につけて、より魅力的な自分を演出しましょう。まずアイシャドウはパレットで購入すると、三色から四色入っています。明るい色と濃い色そしてその中間色が入っており、明るい色はハイライトカラーとも呼ばれ、目元に光を与え明るくし濃い色は引き締めたり影を与える効果があります。そして中間色はその間を上手にグラデーションに馴染ませる役割を持っているコスメです。まず最初にまぶたのくすみをとるために、眉毛の下からアイホール全体に明るい色を大き目のブラシでつけます。その際、一度手の甲でアイシャドウを軽くなじませてから塗るとよいでしょう。次に目のきわからアイホール下部に中間色をなじませます。筆を一番最初に置いた場所が一番濃くつくので、まず目のキワに筆をおき左右に動かしながらアイホールの上の方にぼかしていくと上手にぬれるでしょう。次に一番濃い色をチップにとり甲でなじませてから目のキワから二重幅にかけて少しずつ塗り重ねていきます。こうすることで目を大きく、力強く見せる効果があります。更に下まぶたにも濃い色を細いチップにとり、目尻から黒目にかけて色をのせます。最後に目頭と目頭の下の部分にかけて明るいハイライトカラーをのせることで、全体を明るく引き締めます。以上がアイシャドウの基本的な塗り方です。目を大きく見せるコスメであるアイシャドウを上手に使って、いつもと違う自分を演出しましょう。

質が格段にアップします

女性

メイクをするときには、化粧品のメーカーや質感にこだわる方も多いことでしょう。確かにそれも重要なポイントです。しかし、しっかりとしたメーカーの、きちんとした品物を使っているはずなのに、なぜかキレイな仕上がりにならないと悩む方もいます。この場合には、実は「メイク用のブラシ」選びで間違えている可能性があります。コスメの中でも、特にアイシャドウは、その仕上がりで顔全体の印象を変えてしまいます。きちんと仕上げるためには、最初から付属しているチップを使うのではなく、専用のブラシを使うことがオススメです。コスメの世界には、さまざまなアイシャドウ用のブラシが販売されています。どう選べばよいのか迷ったときには、「自分に合うこと」を最重要視してみてください。アイシャドウ用ブラシには、人工毛を使ったものもあれば、動物の毛を使ったものも存在しています。どれが優れているというわけではなく、自分にとって使い心地の良いものを選択するのが一番です。特にアイシャドウは、肌がデリケートな目元に乗せるコスメです。チクチクしたり肌への刺激が強かったりすると、皮膚トラブルにつながるリスクもあるでしょう。またアイシャドウ用のブラシは、太さや毛のコシによって、どのような場面で使いやすいのか差があるコスメアイテムです。しっかりとラインを作りたいときと、美しいグラデーションを作りたいときでは、それぞれの性能に特化したブラシを使うと良いでしょう。

元のカラーを生かして

メイクアップ

メイクコスメをなかなか最後まで使えないという人は多いですよね。とくに、アイシャドウなど、一度のメイクに少量しか使わないコスメはすべて使い切るのが難しかったりします。また、何種類かのカラーがセットになっているものだと、すべての色を均等に使うのが難しいですよね。だからと言って残りを捨ててしまうのも少しもったいないですよね。そんなときは、アイシャドウを再利用する方法があるのでぜひ一度試してみてください。残ってしまったアイシャドウは、ぜひ手持ちのマニキュアに入れてみてください。アイシャドウのカラーを生かしたい場合は、薄い色のネイルや透明のトップコートなどに混ぜるとキレイに発色するでしょう。ラメの強い普段使いには少し派手なアイシャドウなども、この方法ならムダなく使いきることができます。また、無色のワセリンに混ぜると、グロスに変身します。ピンク系やベージュ系などのアイシャドウでしたら、こちらもオススメです。薄付きですので、普通のリップを塗った後にツヤ感を出すために使ってみてください。ブラウン系のものは、ノーズシャドウやアイブロウとして使うこともできます。コスメはシーズンごとに新作が出ますし、クリスマス前などには限定色なんかも発売されますよね。プチプラコスメでも質の良いものが増えていますし、ついついたくさん買ってしまいたくなるのが女ごころです。使いきれないものは、このように違うコスメとして使ってみるのも新鮮ですよ。

シミやくすみを作らせない

ウーマン

スキンケアの基本でもある洗顔は正しい方法でやらないと、美白の敵であるシミやくすみを作ってしまいます。一日の終わりには丁寧に洗顔料を泡立てて、優しく洗うようにしましょう。すすぎの温度やタオルでの拭き方にも注意しましょう。

もっと読む

目の形に合う色と塗り方

化粧道具

人それぞれ顔が違うように、コスメにも人によって合う、合わないがあります。一重や奥二重、二重の違いによって、似合うアイシャドウのカラーや塗り方が違います。間違ったカラーや塗り方をすると、目が小さく見えたり、派手過ぎる印象を与えたりしてしまいます。

もっと読む

きれいな肌に導くために

洗顔

シミ・くすみなどがないきれいな肌になるには、規則正しい生活とスキンケアが大切です。アルコールなどあまり余計な添加物が入っていない洗浄力が優しいものを選びましょう。肌の状態をよくすることで美白にもつながります。肌を白くしたいなら専用の美白成分が入った洗顔料も販売されています。

もっと読む