魅力的な目元を演出できるコスメ|アイシャドウの基礎知識をリサーチ

目の形に合う色と塗り方

自分に合ったメイクを

化粧道具

コスメ売り場に行くと、様々な色や質感のアイシャドウが販売されており、どれを購入するべきか迷ってしまいますね。自分の好きなカラーや、質感のアイシャドウを購入するのも良いですが、より美しくなるためには自分に合ったコスメを選ぶことが大切です。人それぞれ顔が違うように、コスメにも人によって合うコスメと合わないコスメがありますので、それを見極めることができるようになりましょう。特にアイシャドウに関しては、二重や奥二重、一重などの目の形によって、合う色と合わない色があり、間違った色や塗り方をすると腫れぼったく見えたり、派手すぎる印象になったりします。例えば、一重や奥二重の方が薄いピンクのアイシャドウを塗ると瞼が腫れたように見えて、目をさらに小さく見せてしまうことがあります。一重や奥二重の方は、極力薄いピンクのアイシャドウを避けるか、ピンクを使いたい場合は濃い目のピンクを使い、目のキワに締め色として使うようにすると良いでしょう。二重の方はアイシャドウの主張を強めてしまうので、塗り方によっては派手になり過ぎたり、バブリーな印象を与えてしまったりすることがあります。派手すぎないようにするためには、ヌーディーなカラーのアイシャドウを使用したり、あまり濃く塗らないようにするのが良いでしょう。また、一色を瞼全体に塗ってしまうのではなく、同じようなカラーのアイシャドウをグラデーションのように濃淡をつけて塗るのも、派手になり過ぎるのを防ぎます。

美しく見せる為のコツ

洗顔する人

女性にとってコスメの中でも重要な役割を果たしているのがアイシャドウです。大抵の女性は少なくとも1-2種類は違う色のアイシャドウをお持ちなのではないでしょうか。ましてコスメフリークの女性でしたら多色入りのパレットなどをご利用になったりして、様々な色を服装や雰囲気に応じて使い分けられている事でしょう。アイシャドウはコスメの中でも人に与える印象を大きく変えるアイテムでもあります。例えばお肌の色の濃い方が薄い色の物を使用すると不自然的に見える事があります。折角お化粧するのですからできれば不自然に見えないメイクが望ましい所です。また30代をすぎたら、フロスト系のアイシャドウは避けた方が無難です。これはシワを目立たせてしまうからです。変わりにグレーや薄い茶色、などのマット系の色を使うとよいでしょう。基本的にはブルー系はさわやかさ、黒や茶色系は落ち着きのある大人のイメージ、緑はユニークさや派手さ、そしてピンクは可愛らしさを象徴する色合いと考えられ、それぞれ人に与える印象もこれに準じていると考えるとよいでしょう。面接などの場合には肌色やタープ、といったナチュラル系の色にすると好感度も上がりますし、デートの場合などは黒やブラウン、パープルといった大人系の色を使うとセクシーな目元を演出する事ができるでしょう。コスメグッズ一つで、人に与える印象もかなり変わってきますから、上手に使い分けて人から好感を抱かれるラブ顔になりましょう。

似合う色は変わります

メイクアップアイテム

コスメの中で、一際存在感を放つものの代表と言えば、やはりアイシャドウです。色の豊富さからテクスチャーまで、アイシャドウの右に出るコスメは他に無いと言えます。目を大きく見せることはもちろん、優しい印象に仕上げたり、クールな印象にしたりと演出面でも一躍買ってくれますので、是非、味方に付けておきたいものです。使い方のポイントとしては、普段使いと特別な日用に、それぞれ似合う色を揃えておくのがお勧めです。忙しい時や、メイクに迷ってしまう時など、重宝します。また、一つでも、似合う色をキープしていると、新しい色や普段はつけない色に挑戦し易くなり、メイクの幅も広がります。また、チップを使うのか、ブラシを使うのか、手でぼかすのかによって、同じ色でも発色の仕方が変わって来るのがアイシャドウです。商品として見た場合には、自分に似合う色味ではないと判断してしまうかもしれませんが、使い方次第では、新しい魅力を引き出すコスメとなる場合もあります。また、同じ様に見える色味も、メーカーが異なれば、実際に付けた時の発色は変わってきます。色々と試してピッタリなコスメを見つけるのがお勧めです。アイシャドウの発色に関して覚えておきたいことと言えば、ベースとなる肌の色や質感によって、同じ色でも発色が変わってしまうという点です。年齢と共に肌がくすんでしまうと、ヌードカラーと言われる色味は難しくなりますし、それまで似合っていた色でも、いまいち冴えない色となってしまうこともあります。ずっと同じ色を使い続けるのではなく、適度に見直すことも大切になります。

シミやくすみを作らせない

ウーマン

スキンケアの基本でもある洗顔は正しい方法でやらないと、美白の敵であるシミやくすみを作ってしまいます。一日の終わりには丁寧に洗顔料を泡立てて、優しく洗うようにしましょう。すすぎの温度やタオルでの拭き方にも注意しましょう。

もっと読む

目の形に合う色と塗り方

化粧道具

人それぞれ顔が違うように、コスメにも人によって合う、合わないがあります。一重や奥二重、二重の違いによって、似合うアイシャドウのカラーや塗り方が違います。間違ったカラーや塗り方をすると、目が小さく見えたり、派手過ぎる印象を与えたりしてしまいます。

もっと読む

きれいな肌に導くために

洗顔

シミ・くすみなどがないきれいな肌になるには、規則正しい生活とスキンケアが大切です。アルコールなどあまり余計な添加物が入っていない洗浄力が優しいものを選びましょう。肌の状態をよくすることで美白にもつながります。肌を白くしたいなら専用の美白成分が入った洗顔料も販売されています。

もっと読む